株式会社 ケイズコーポレーション

リクルート

私たちはこんな事業をしています

好きなお菓子を1粒1個から好きなだけ買えるお菓子量り売り。
当社は名古屋で創業以来地道に店舗開拓を進め現在は北海道から沖縄まで全国に店舗を展開するまで成長しました。
全国展開できた一番の理由は導入後の独自のフォロー体制。流通業の常識に捉われない自由な発想で店舗運営をサポートしており店舗様と一緒になってお客様に喜んでいただける売り場づくりに日々取り組んでいます。
また、量り売りで構築した協力工場の生産体制を活かしバレンタインギフトやバラエティ溢れるお菓子を開発しており現在は3事業部体制で展開しています。

当社の魅力はココ!

< 事業戦略 >
量り売りでお客様に支持されたお菓子を単品商品として企画し販売することでシナジー効果を生み出しています。バレンタインになると弊社の量り売りで売れたチョコレートが可愛らしいギフトとなり、歓送迎会シーズンになると量り売りで売れたグミがキングサイズになって景品となったり、量り売りのお菓子が多様な形態となって食文化の多様性に貢献しています。
< 商品特徴 >
当社の量り売りのお菓子開発のコンセプトは「おいしくてファンになるお菓子づくり」。日々全国の協力工場と試作品のやりとりをして美味しいお菓子の開発を進めています。量り売りでしか買えない美味しいお菓子をケイズゴールドとして販売したところ定期的にまとめ買いして頂けるお客様など多くのお客様にご支持を頂くことができました。
< 職場環境 >
お菓子の開発に伴い、様々なお菓子を試食したり、パッケージデザインの意見を出し合ったりと商品開発に誰もが携わるクリエイティブな職場環境です。 会社は常にお菓子に囲まれており、何を食べるのも自由です。もちろん無料です。自制できないとすぐに太ってしまいますのでご注意くださいw
< 組織風土 >
当社の平均年齢は30歳、社長は37歳という若い会社です。社員の以前の職業も広告業界や通信業界、繊維業界、金融業界など様々な業界で多様な人材が集まっています。他業種出身が故にお菓子を従来の常識に捉われない斬新な切り口でプロデュースすることで他社や大手メーカーにはできない商品を開発し食文化の多様性に貢献しようと挑戦を続けています。

募集内容

< 商品開発 >
当社は縦割り分業制を採っておりません。そのためマーケティングから商品企画、開発、営業、物流、店舗フォローまでを全て手がける独自の仕組みを構築しており未経験の方でも一人で商売ができるだけの能力を身につけることができます。業務内容が多岐にわたるため決して容易な道ではありませんがディレクターを目指す志を持った方の応募をお待ちしています。
< 商品開発マインド >
私たちは開発者でありながら消費者です。私たちは消費者として日常的に色々なモノを使い、こういうものがあればいいのに、と日々潜在的に様々なニーズや不満を感じています。その不満や思いを大切にして、顕在化させ具体化させることがアイデアを出す土台になります。
そのため日々の自分の行動をどれだけ意識できるかが重要になります。机の上でうんうん唸ってもインターネットで検索してもリアリティのある真のアイデアは出てきません。外に出ていろんな経験をすることが全て商品開発に繋がります。究極的には人間を磨けということです。人格にふさわしい商品しか作れません。一緒に人間磨きしましょう!

社長からのメッセージ 小さい会社で働くということ

名刺がなくても仕事ができる自信はありますか?
大手組織では誰がやってもある程度は同じ成果がでるような仕組みが既にあり、規模は大きくても任せられる仕事の幅は狭く、対外的な仕事でも名刺の力が9割になる場合が多いのではないでしょうか。
当社では自分のアイデアからビジネスが生まれその成果を実感でき、規模は小さくても業務の幅が広くその分だけ真の力が身につきます。大手では限られた人しかマネジメント経験を積めませんが、当社では自分の力で組織をつくり、人を動かしていきますので、早い段階からマネジメント経験を積むことができ経営者としての視点を獲得できます。ぜひあなたも当社で業務の幅を広げて思いっきり挑戦してみませんか。

代表取締役 本山 貴一郎

社員からのメッセージ

商品開発部長 クリエイティブ・ディレクター 犬飼
私たちは全国に協力工場を持つファブレスメーカー。現有設備に囚われず、市場が求める商品を自由に考え、開発できます。また既存の協力工場で作れなければ、新たに作れる工場を探します。販路も同じ。現取引先以外でも必要であれば新たに開拓します。私たちは常に自由に発想し、行動しています。常識にとらわれず、意識して型を破り、枠からはみ出して、自由闊達なアイデアで新しい価値ある商品を開発していきます。
商品開発担当 宇佐美
とにかくラムネが大好きで、お菓子に携わる仕事をしたいと思い入社しました。営業アシスタント業務で採用されましたが、商品開発に携わりたいと思い自分のアイデアを企画書におこし、商品会議に挑戦することを何度も続けました。今ではその情熱?しつこさ?を認められ、商品開発業務がメインになり日々奮闘しています。未経験のため分らないことがたくさんありますが、商品開発に関する本を読んだり、先輩社員に相談したり、新しいお菓子を買って食べてみたりと日々努力を続け、女性目線の新しい商品を生み出したいと思います。

ページトップへ