株式会社 ケイズコーポレーション

イベント

イベント事業

イベント事業部ではバレンタインをはじめホワイトデー、クリスマス、ハロウィンなどシーズンイベント向けの商品開発と販売を行っております。
私たちは「バレンタイン=ギフト」という固定観念のつまらない渦中に飛び込むのではなく、新しいニーズを発見し、新しい価値を創造していきます。
商品開発のキーワードは、"女子目線"。
女性が「欲しい」「食べたい」「かわいい」商品でバレンタイン売場が変わります。

もう、今のバレンタイン売場は飽きた…

近年、「バレンタイン」は女性から男性へチョコレートをわたすイベントから、女性が自らチョコレートを楽しむイベントに変わりました。プレゼントをする相手も、女性から男性だけでなく、「女性から女性」、「女性から子供(男女隔てなく)」へと広がっています。
バレンタインは変わりました。常に新しいものを求め、変化し続けるお客さまへ、毎年同じメーカー、同じ商品、同じ陳列…10年も前の商品で売場をつくっていては、飽きられてあたりまえです。「新商品を…」と思いながらも、棚の中にある商品一品一品をわずかに入替えていても、売場は一向に変わりません。

イベントを変える、コンセプトと新商品

催事商品の売場を変えるには、新商品でまるごと棚を変えるしかありません。
弊社は量り売りで培った商品開発と販売データ、雑貨業界で磨かれたデザイン力を強みに新商品を開発し、棚ごと売場を変えていきます。

ケイズコーポレーションの商品開発体制

全国展開の量り売りコーナー
量り売り事業で培った商品開発と売れ筋データはもちろん、売場プロデュースのノウハウもご提案します。
商業施設の催事場での販売結果
開発するだけでなく、自分たちで売って次回に活かすデータ収集。売れた理由も、売れなかった理由も分析し追求します。
消費者(女性)へのアンケート
200名以上の20~60代の女性に開発メンバー自らアンケートを実施。リアルな声がない数字だけのアンケートは役に立ちません。
女子中高生の実態調査
主婦だけでなく、10代の女の子からも情報収集。乙女心も知らずにバレンタイン商品開発して売れますか?
女子目線による開発体制
女性の開発メンバーも加わり、商品やデザインを強化。商品開発のキーワードは女子目線です。
主婦&OLモニター座談会
メインターゲットである主婦とOLが何を求めているのか?何を不満に思っているのか?商品開発のヒントをとことん女性から得ています。

事業責任者からのメッセージ

新規参入したから事業としては挑戦者。だからこそ既存の売場や商品の常識にとらわれず、意識して型を破り、枠からはみ出して、自由闊達なアイデアで新しい価値ある商品を開発していきます。

上記の商品に関する、ご質問・お問合せはこちらまで
担当:犬飼、黒柳、村松、小野田
TEL052-205-9531

ページトップへ